FXの仕組みとは?初心者でもわかりやすく解説します

副業としても話題のFXですが、なんとなく知っているが仕組みは理解していないという方も多いでしょう。
そこで、安全な取引をするためにも初心者向けにFXとはどういうものなのか徹底解説しました。

FXはどういう仕組みで成り立っているの?

FXとは外国為替を略した言葉。日本語にすると外国為替証拠金取引と呼びます。ちょっとわかりにくいですが、外国のお金を売買して利益を出す方法です。
仕組みは意外と簡単で、2つの通貨を交換して、その差額分で利益を出します。1ドル100円のときに外貨を買い付けて、1ドル110円になったときに売却すれば、差額の10円を儲けられます。

通貨というのは常に価値が変動します。社会情勢や経済の影響により上下するので、この仕組を利用して利益を出すのが基本です。安く買って高く売る方法を【キャピタルゲイン】と呼びます。別の方法には【インカムゲイン】という利益を出す方法もあります。

スワップポイントでインカムゲインを狙う

スワップポイントとは通貨の金利差を利用して利益を生み出す方法です。保有している間はずっと金利がつくので、コツコツお金を貯めたい方におすすめです。この保有して一定の利益を一定期間得る方法をインカムゲインと呼びます。

メリットは保有している間利益を得られること。先程解説したキャピタルゲインとは違い、短期でまとまった利益を得られませんが、頻繁に外貨の売買をしないので比較的安全性は高めです。

スワップポイントは、低金利と高金利の通貨を利用して稼ぎます。例えば、世界中から見て日本の金利は低金利と言われています。逆にメキシコやトルコなどは高金利です。そこで、日本円を売って高金利な国の通貨を購入して保有します。通貨を保有している間は継続的に口座に金利が振り込まれるので、長期的な投資で儲けたい方におすすめです。

レバレッジを使えるのがFXの魅力

FXをするには資金が多いほど有利です。ただ、一般人が数十万円や数百万円を用意するのは大変難しいです。そこで、レバレッジを利用してうまく投資を行いましょう。
レバレッジとはFX業者が行っているサービスの1つ。少額の資金を10倍や20倍にすることができます。例えば5万円自分で用意してレバレッジを10倍かけると、50万円の取引が可能です。うまく利用すれば、一般人でも一攫千金を狙うこともできるのがFXの魅力です。